スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
法務局に悩まされる
今、森本さんが勉強していることの中に、法務局での書類手続きがあります。

法務局で取得できる書類

住宅の工事をするというお話が持ち上がった際に、
まず、最初に法務局へ行きます。

法務局では、
公図地積測量図登記事項証明書建物各階図面などを申請します。
これらを見て、
誰の所有物かを明らかにし、場所・大きさを把握します。

ちなみに、住所については、
通常私たちが使っている住所と、登記表示の住所と、異なっている場合があります。

そういうところも、事前に調べておきて、ご本人に直接お会いした際に、
「こういう状況ですが、間違いないですか?」と、確認します。

こういう流れを、今、新入りの森本さんが、勉強しています。
今日、実際に一緒に法務局へ行って、申請をしたのですが、頭が混乱している様子でした。
でも、すごいところは、事務所に帰る車の中で、私に確認しながら、メモを取っていました。
事務所に帰っても、復習・復習。偉いですね。

さて、この結果を元に、明日、打合せに行ってきます。
どうなるのでしょうかぁ!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おー。すごいー。難しそう。。。

確かに通常使う住所と
登記の住所、ウチも違うわっっv-354
2007/03/09(Fri) 21:52 | URL | ふろっぴぃ | 【編集
コメント、ありがとうございます。
>ふろっぴぃさんへ
 普段の生活には、なじみのない言葉だよね・・・。
 だけど、私たちにとっては、大切な言葉達です。
2007/03/10(Sat) 10:28 | URL | iwamoto | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。