スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切な刺激たち
先日、弊社の代表者と一緒に、私の恩師を尋ねました。

フラワーアレンジメント教室にて
↑これは、先週参加した、フラワーアレンジメント教室にて。
私の作品です!


恩師は、私が建築系の専門学校でお世話になった先生で、
現在は、書の師匠でもあります。

先生の専門は“構造”
ちょっと前に世間を大きく騒がせた、構造計算のプロです。

なぜ、このたび先生からお呼び出しをいただいたか、
といいますと、
私がどのような建築士になりたいか、なろうとしているのか
を心配してくださってのことでした。

先生は、おっしゃいました。
「大工というのは、感覚的に構造計算を頭の中でやってしまう。
  だが、大工経験ゼロの建築士は、そうもいかない。
   だから、きちんと計算をすることが必要なんだ」

「あなたは(私のことです)運がいい。
棟梁の下について、しっかり勉強しなさい」

弊社の代表者は、大工の棟梁です。
しかも最近は、さらに腕のいい棟梁が仲間になってくれました。

この会社を始めた時。代表者の棟梁に言われた言葉。
「おまえは、大工に育てられる建築士なんだ」

実は私、この言葉が、ずっと理解できずにいました。

ですが、先生のお話を聞いていると、
この言葉の意味と私が目指している道が、
少し掴めたような気がしました。

最近忙しくて、社内全体がバタバタしています。
そんな中、恩師のありがたいお話を伺うことができ、よかったです。
また、そうやって心配してくださる方が見守ってくださっていると思うと、
私って幸せものだなぁと思ってしまうのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大工に育てられる建築士!
すごくいいね~♪
ほんと、机の上や雑誌でみただけではわからないことを現場にいくたびに教えられるし吸収できるな~とつくづく思うよ。
私もこの世界に入ってはじめに担当した物件の棟梁がいい人で、そして仕事にはまじめで厳しい人だったのよ。しょっちゅう現場に入り浸ってたんだけど、いろんなことを教えてもらったと思う。
初めて出会った大工さんがその棟梁でよかったとその出会いに感謝。
ひさちゃんは身近にすばらしい師匠がいるし、心配してくれる恩師もいるし、幸せだよ♪
がんばれ!
2007/04/09(Mon) 22:22 | URL | くろ | 【編集
コメント、ありがとうございます。
>くろさんへ

お久しぶりです!!!
最近、遊迷塾に顔が出せず、スイマセン・・・。

くろさんのおっしゃる通り、現場で学ぶことって、本当にたくさんありますし、私は恵まれている環境にいると思います。

感謝しなくちゃ、バチが当たりますね!!!

この環境を生かし、私もクロさんのように、ガンバリマス!!!


2007/04/10(Tue) 18:06 | URL | iwamoto | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。